着物で見える日本の伝統

着物と一言にいっても、たくさんの種類があります。 中には、数百万円するような高級な着物もありますし、数万円で買えてしまう様なお手ごろな着物もあります。 ここでは、着物が持つ価値について、伝統的な着物の背景と合わせながら一緒に考えていきましょう。

伝統の受け継がれ方とは

家系の中には、一家で専用の着物を所有し、それを代々受け継いでいくという伝統を持った家庭もあることでしょう。 しかし、多くの家庭にとって着物を買うことは大変なことです。 そんな人にお勧めされているのが、流行のシェア文化を利用して伝統を受け継ごうという着物レンタルサービスです。

レンタル着物を活用しよう

レンタルすることによってより、再び身近な存在となった着物ですが、実際にレンタルするとなると戸惑うこともありますよね。 レンタルするにしても、どんな着物を選ぶことができるのでしょうか。 ここでは、レンタルする前に自分でも準備できることについて考えてみましょう。

着物にはどんな価値があるのか

どの国にも、民族衣装というものがあります。
中国ではチャイナドレスなど、世界的にも有名ですよね。
そんな中、日本が誇るこの着物という伝統は、多くの外国人を魅了しています。
そんな着物ですが、なぜ日本の伝統となったのでしょうか。

着物の歴史は、平安時代までさかのぼります。
当時は十二単として、女性は何十もの色とりどりの服を着込んでいました。
安土桃山時代に入ると、次第に他の国の影響も受けだし、小袖の服が多く見られるようになっていき、着物はどんどん姿を変えていきました。

やがて時代は明治時代へ突入し、明治政府が施行した明治改革によって日本人の生活スタイルは洋風へと大きく傾き、洋服が流行り始めたため、着物は次第に日常生活から姿を消したのでした。
今日では着物姿の人を見かける人はほとんどなく、若者の中には着物の着方を知っている人は少なくなりました。

しかし、着物の持つきらびやかな印象と、その華やかさは今でも多くの人々を魅了しています。
着物に用いられる伝統的な色の呼び方には自然の風情を感じられるものが大奥、特に四季を重んじる日本人にとって、着物の色使いは自然と受け入れられるようです。

現在では日本の文化に触れたい海外の方のために、できるだけ気軽に着物を着られるように着物のレンタルサービスが始まりました。
また、日本でも着物は高価なイメージが根強いため、成人式などで着物を着る機会はあるけど普段着るわけではないという世代からの支持も多いようです。

おすすめリンク

仙台で人気の振袖レンタル!

かわいい振袖をレンタルしよう!仙台で人気の店舗や着物の手入れ方法を公開!あの子と差をつけられるかも